ムッシュ米津の家庭料理

"イタリア語でプリマベーラは春。
 今日は菜の花を添えてみました。"

 イタリア語でプリマベーラは春、
 フランス語ではプランタン。

 春らしいフランス料理の色合いは、
 春景色とか、庭園風と名前をつけ、
 にんじん、かぶ、いんげん、カリフラワーなど
 彩り野菜を添え物にします。

 今日は菜の花を添えてみました。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

"*イタリア風鶏の煮込み プリマベーラ"

 材料(4人前)
 若鶏骨なしもも肉 250g2枚
 マッシュルーム 80g
 玉葱 150g
 人参 100g
 セロリー 100g
 白ワイン 200cc
 チキン固形スープ 1個
 水 200cc
 トマト 400g
 にんにく 5g
 デミグラス(市販のもの) 100cc
 オレンジとレモンの表皮 各少量
 小麦粉
 塩・胡椒
 バター
 刻みパセリ
 付け合わせのリゾット
 −米 カップ1杯(200cc)
 −玉葱 100g
 −オリーブ油 大匙1杯
 −サフラン 少量
 −チキン固形スープ 1個
 −水 800cc
 −塩・胡椒
 −すり卸しチーズ 50g
 −バター 30g
 飾り:プティトマト・茹でた菜の花適宜

☆ 作り方

  1. 野菜を用意します
    マッシュルーム、玉葱、人参、セロリー、にんにくを
    みじん切りにします。
    オレンジとレモンの表皮は細切りにして、熱湯を
    くぐらせて置きます。
    トマトは、皮をむき、種を取って、粗みじんに切ります。

  2. 鶏を切って炒めます
    鶏のもも肉を二等分し、塩、胡椒をし、小麦粉を付け、
    サラダ油とバターで炒め焼きにします。

  3. 野菜を炒めて鶏を煮込みます
    にんにくと野菜をバターで柔らかくなるまで炒め、
    白ワインを加え、ワインが半量になるまで煮詰め、
    鶏、トマト、デミグラスを加え、チキン固形スープ、
    水を入れて煮ます。
    煮立ったら弱火にして約30分間煮て、最後に塩、
    胡椒で味を整えます。

  4. リゾットを作ります
    付け合わせは、米を洗ってざるにあけ、
    水気を切って乾かします。
    玉葱をみじん切りにして、オリーブ油で炒めます。
    米を加えて、更に炒め、サフランとチキンブイヨン
    (チキン固形スープを水で煮溶かす)700ccを入れ、
    時々かき混ぜながら15分程中火で煮ます。
    米の煮え具合をみて、残りのブイヨンを足し、
    更に4〜5分煮て塩、胡椒をして火から下ろし、
    チーズとバターを加えます。

  5. 盛り付けです
    リゾットを皿に敷いて、鶏をのせ、ソースをかけ、
    オレンジとレモンの表皮をひと摘みのせ、
    刻みパセリを散らします。
    プティトマト、菜の花を廻りに飾ります。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*時は流れる
パリーのお菓子屋さんの店先。
クリスマスは薪型のビューシュドノエル、
1月は公現祭のガレットドロワ、
そして2月はセントバレンタインの 祝日の贈り物にチョコレートと
季節によって変わります。
今年の復活祭は3月31日、
大小様々な卵型のチョコレート。
もう春ですね。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽


文・写真(イメージ写真)提供:ひかりのくに株式会社

ホーム > ムッシュ米津の家庭料理 > イタリア風鶏の煮込み プリマベーラ